Welcome to Center for the Development of Educational Materials on Classical Japanese Literature

​同志社大学古典教材開発研究センターWebサイト

本研究はJSPS科研費20K00326の助成を受けたものです

基盤研究C「興味関心を喚起するくずし字や和本を用いた新しい古典教材の開発に関する実践的研究」(代表者 同志社大学文学部教授 山田和人)

おすすめ

​和本やくずし字に関する本・アプリ・Webサイトなどをご紹介します。

Events

本センターが開催する研究会等をご案内いたします。

  • 同志社大学古典教材開発研究センター設立記念研究集会「古典教材開発の課題と可能性」
    Zoomによるオンライン
    3月28日 13:00 – 17:00 GMT-7
    Zoomによるオンライン
    「古典教材開発の課題と可能性」というテーマのもと、基調講演、小・中・高・高専における実践例の発表をもとにしたパネルディスカッション、 参加者の皆様も交えた意見交換会を行います。

古典教材開発研究センターとは?

古典教材開発研究センターは、日本の古典文学を未来や世界へと繋げることができる人物を育成するために設立されました。日本古典文学・書誌学・日本語学の専門家および国語科教員からなるセンター員が、古典籍やくずし字を使った、新しい日本古典文学の教材を開発しています。

 

The goal of establishing the Center for the Development of Educational Materials on Classical Japanese Literature is to help train a new generation of future-oriented scholars able to draw connections between the literature of classical Japan and the wider world beyond. To attain this goal, the faculty composing the Center—specialists in classical literature, Japanese bibliography, and Japanese linguistics, together with primary-school teachers of Japanese Language—are cooperating to develop new materials and methodologies for teaching classical Japanese literature, integrating the cursive kuzushi-ji script throughout and making full use of the intellectual resources such classical texts have to offer.